北海道でブライダルとハネムーン

結婚式は参列する人が多くなくても、心に残る場所でしたいものです。ハネムーンと一緒にすれば、一石二鳥にもなるでしょう。それならば、北海道でブライダルをしてはどうでしょうか。北の大地で結婚式を挙げるのも、また良いものです。澄み渡った空気に、自然の多い場所であり、観光の名所が多い場所でもあります。北海道の函館でブライダルをするなら、教会式でも良いでしょう。こちらでは、有名な教会がところどころにありますし、さらに函館山を背景に挙式を挙げるのも、なかなか良いものです。しかも、ここは食べ物もおいしいので、二人だけの教会式をするのもまた良いものでしょう。披露宴は、地元でするというのも良いかもしれません。北海道の2人だけのチャペルを行ってみませんか。周囲に囚われず、自分たちのしたい挙式を挙げることができます。

北海道のブライダルが凄いです。

北海道のブライダルは、聞いてビックリする事ばかりです。普通と言ったら間違いの様に感じてしまうのですが、招待する人に招待状を配るのも新郎新婦の仕事です。北海道では、発起人と言う方を新郎新婦が指名して、その方達が招待状を送って、返信先も発起人です。この時点からの違いにビックリしました。で、一番ビックリしたのが、ブライダルの9割が会費制です。ほとんどの方が15000円の会費制でやります。そういうやり方をしないで普通にやる方は、医者や先生です。遠方から来た人にも車代も出しませんし、引き出物も簡素な物です。出さない新郎新婦も多いです。会費制なので、誰でも呼べると言うか、町内の人や近所の人や恩師の先生でも誰でも呼べるので、披露宴は盛大です。凄く楽しそうです。祝儀の相場は、1万から2万円です。会費制の他に祝儀を包みたい人は、それくらいの金額を包みます。

北海道のブライダルベストシーズン

地元ではないけれど、北海道で結婚式を挙げてみたいというカップルも多いのではないでしょうか。北海道のブライダルシーズンは、主に夏です。なぜ夏がブライダルシーズンかと言えば、一番過ごしやすく花や緑もあり、移動もしやすい時期だからです。ただ気を付けたいのは、道内の場所によって微妙に気候が違うという点です。札幌の周辺なら、一番良いのは7月ごろです。しかし釧路などの道東では、夏でもちょっと寒いです。屋外で式やパーティーを開く予定なら、夏に過ごしやすくなる地方を選ぶのがおすすめです。内陸では、逆に真夏は暑くなります。しかし冬になるとかなり寒いので、快適なベストシーズンが短くなります。ブライダルシーズンは観光シーズンでもあるので、宿泊施設など、オフシーズンよりもやや割高になることが多いです。季節による価格の違いやベストシーズンを念頭に置いて、北海道での挙式計画を立てると良いでしょう。

シークレットやサプライズ演出も成功するようお手伝いたします。 「森の中のウェディング」をテーマにした宮の森フランセスでは、自然を感じながらそれぞれの気持ちが高まる時間を届けます。 女性にとっては特に、大切な挙式ですので細かなこともなんでもプランナーにご相談ください。 北海道のブライダルは宮の森フランセスで。 洋式はもちろんですが和装のお色直しも人気です、白無垢や大振袖・色内掛もご用意しております!